最新情報

新型ローライダーS 本日より予約開始!

2019/08/22

新型ローライダーS 本日より予約開始!

待望の2020年ニューモデルの全容が発表され、

メーカーホームページに掲載されました。

https://www.harley-davidson.com/jp/ja/index.html#AfL27QUqFgXJETu8.97

今年の目玉は2017年に爆発的人気を博した、FXDLS(ローライダーS)の復活でしょう。

img_0396

当時、その国内入荷数の少なさからも、

中古相場が新車価格よりも高いと言う異常事態を引き起こしたほどの車輌です。

プレミアム車輌の3年越しの復活とあって、

現在新車発表会が開催されているシカゴ現地も大いに盛り上がっているようです!

新旧ローライダーの違いを見比べてみましょう。

【エンジン】

「旧:スクリーミンイーグル twin cam 110ci 1,801ccエンジン」「新:ミルウォーキーエイト114ci 1,868cc」

旧型はツインカムエンジン1,801ccを搭載しておりましたが、新型には最新エンジンである

ミルウォーキーエイト114ci 1,868ccを搭載し、更に贅沢なトルクを味わえる仕様に。

(旧ローライダーS)                                                                (新ローライダーS)

img_0393img_0395

【フレーム・サスペンション】

フレームも新型ソフテイルの軽量、高剛性に特化したNewフレームへ進化。

それに伴い旧型では外側に出ていたリアサスペンションが

新型ではシート下モノサスに変更格納され、

フロントフォークも新型機では倒立フォークに変更。

フォークの設置角度も30度から28度へ、

路面追従性の強化。ハンドリング操作性向上に寄与しております。

【エキゾースト】

新型エンジン、フレームと合わせてエキパイならびにサイレンサーの形状を一新。

ロングタイプのエキパイに変更された事で、より重低音が増し、パワーも向上。

【価格】

旧ローライダーS

¥2,343,000-

新ローダイダーS

¥2,396,520-

これだけのアップグレードが加えられたのに、

僅か5万円高という良心的な設定で驚きです!

これは狙わない手はないですね!

ハーレーダビッドソンシティでは絶賛ご予約受付中です!

既にお問い合わせを何件か頂戴しております、

こちらの車輌は人気が集中すると入手困難になる可能性大です!

ご予約はお早めに!

お問い合わせ、心よりお待ち申し上げます。

前のページへ戻る